2018.3.4 


じっくりと読み進めて、2ヶ月。
ついに終わってしまった。

ページの厚さを噛み締めながら、ラスト数ページは、終わってしまう寂しさと物語の展開でちょっと涙。

またいつか読み返そう。